レーザーで白い肌に

カウンセリング

メラニン色素を熱して除去

美容整形外科では、しみを除去する治療をレーザーを使用しておこなっています。具体的に、どのように治療するのかというと、多くの場合はメラニン色素に反応するレーザーが使われています。しみはメラニン色素が集まってできているので、ここにレーザーを照射すると、しみができている部分のみが強く熱されることになります。すると、火傷を負うほどではありませんが、その部分の肌は多少焦げます。焦げることで肌細胞は力を失い、メラニン色素ごとはがれ落ちます。それにより、しみがなくなり、下から新しい肌が出てくるというわけです。しみが除去された後の、誕生したばかりの肌は、刺激を受けやすいです。そのため新たなメラニン色素が沈着しないよう、治療後には肌を保護するケアがおこなわれます。

深い部分にある場合

ただし、上記の治療は肌の浅い部分にできているしみにのみ有効となっています。肌の深い部分にメラニン色素が沈着してできている肝斑の場合は、熱が届きにくい分、効果が出にくいのです。そのためこの場合は、レーザートーニングという、やや弱い熱を深い部分にまで届かせるという治療がおこなわれます。肌を焦がすほどの熱ではなく、温める程度の熱です。これにより肌細胞が活性化し、新しい肌細胞が生まれやすくなります。すると、メラニン色素が沈着した古い肌細胞が、徐々に除去されていくようになるのです。いずれのレーザー治療も、高い効果が期待できるため人気があります。ただししみの種類によって使い分ける必要があるので、それを見分けるための診察やカウンセリングを最初にしっかりと受けることが肝心です。

Copyright© 2017 シミを消す秘訣を知ろう〜メラニン生成ストッパー〜 All Rights Reserved.