笑いジワを目立たなくする

注射

メスの要らないシワ解消法

病院の眼科や神経外科などにおいては、以前からボトックス治療というものが行われていました。これは、顔面の一部がけいれんするなどの症状を治療するために、特殊な薬剤を注射して筋肉の動きを抑えるというものです。このボトックス治療ですが、最近では美容外科や美容皮膚科などにおいても導入されています。その主な目的は、シワの解消です。従来、シワ取り治療といえばフェイスリフトなどの外科手術が中心でした。こうした治療は永続的な効果が得られますが、顔にメスを入れることになるため施術に不安を覚える人も少なくありませんでした。これに対してボトックス治療は、効果は一時的であるものの、注射を打つだけで効果が得られます。そのため、手軽さから年々人気が高まっています。

表情筋の動きを抑制

ボトックスは、ボツリヌス菌という細菌から作られた薬剤です。ボツリヌス菌といえば食中毒の原因菌などとして知られていますが、ボトックス自体には毒性は一切ありません。脳が筋肉に「動け」という指示を伝える時は、神経伝達物質というものが分泌されますが、ボトックスにはこの神経伝達物質の働きを阻害する作用があります。そのため、筋肉に注入すると、その部分が局所的に麻痺するのです。この作用によって、いわゆる表情ジワと呼ばれるシワを目立たなくすることができるようになります。表情ジワとは笑ったり顔をしかめたりする際にできるシワのことで、表情筋の収縮が原因です。目尻や眉間など表情ジワのできやすい箇所にボトックスを注入すると、過剰な収縮が抑えられ、しわができにくくなる効果が得られます。

Copyright© 2017 シミを消す秘訣を知ろう〜メラニン生成ストッパー〜 All Rights Reserved.